英語の勉強をマーベル映画やドラマでしたい!
マーベル映画のセリフを言えるようになりたい!

そういった方のために、マーベル映画で英語の勉強をする方法をご紹介します。

また、英語勉強向けのマーベル映画・ドラマを10個厳選しました。
マーベル映画によっては、英語勉強用の本も販売されていますので、チェックしてみてください。

なお、ほとんどのマーベル映画・ドラマは、Disney+(ディズニープラス)で視聴できます。

マーベル映画は英語の勉強になるのか?

はじめに、マーベル映画かどうかはともかく、海外の映画やドラマが英語の勉強になるのか?
まずは専門家の意見を参照してみようと思います。

英会話講師、人気の英語学習系ユーチューバーの見解をご紹介します。

なお、英語学習用の動画配信サービスとして、Netflix(ネットフリックス)が紹介されています。
しかし、マーベルの映像作品はほとんど見れません。

現在までNetflixオリジナルのマーベルドラマが6作品ありましたが、契約終了となり、配信も終了しました。
それらの作品は、2022年3月16日から英語圏のDisney+で配信予定です(日本での配信は未定)。

一方、日本のDisney+の場合は、ほとんどのマーベル映画・ドラマを見る事ができます。

英会話講師ニック・ウィリアムソン先生の見解

映画を使って3つの英語の勉強法 | 素晴らしい無料サービスも紹介!

英語学習のYouTubeもやっている、ニック・ウィリアムソン先生は、オーストラリア出身です。
シドニー大学で心理学と日本文学を勉強されていました。

英語講師歴20年以上、企業向け英語研修、大学の講義、英語本8冊執筆など、英会話のプロです。
そのニック先生は、生徒さんにも海外の映画・ドラマをオススメしているそうです。

ニック・ウィリアムソン先生が教えている、映画での英語勉強法は以下のようなものです。

▼映画での英語勉強法

  • 3回見る(日本語字幕、英語字幕、字幕なし)
  • 名詞・動詞など、品詞を意識して見る
  • 覚えたフレーズの品詞を入れ替えて応用する
  • リスニング練習のために、字幕を付ける・付けない両方やる

英語発音講師Yumi先生の見解

【英語学習者必見!】映画・ドラマを徹底活用した学習法

Yumi先生は、歴20年以上の英会話講師・トレーナーです。
現在は、フリーランスの通訳・翻訳も行っており、YouTubeもやっています。

    Yumi先生としては、映画での英語学習について、以下のように考えています。

    • ただ単に映画やドラマを見るだけでは、英語は身につかない
    • 日本語字幕だけでは意味がない
    • 中級者以上で、映画やドラマが好きな方に向いている

    Yumi先生が推奨している、映画での英語勉強法は以下のようなものです。

    ▼映画での英語勉強法

    1. 日本語吹替版を見て、ストーリーやキャラクターなどを把握する
    2. 英語字幕版を見て、わからない単語やフレーズを調べる
    3. 字幕なしで見る:聞き取れるか確認
    4. 好きなシーンのセリフを発音して録音する

    英語YouTuber ATSU先生+東進講師ニック先生の見解

    【英語学習法】映画を見続けるだけで英語力は伸びる?|リスニング

    こちらは、英語YouTuberとして有名な、ATSU先生とニック先生が解説している動画です。

    ATSUさんは英検1級、TOEIC満点など各種英語資格でハイスコアを取っています。
    また、オーストラリアの有名会計会社で、会計士として働いた経験もあります。

    ニック先生は、東進ハイスクールの英語講師で、見ての通り日本語ペラペラです。

    そのお二人によると、ただ映画を見るだけでは、英語の勉強にはならないと言っています。
    ニック先生が実践している、英語学習にも応用できる、日本映画での勉強法は以下のとおりです。

    ▼映画での英語勉強法

    • 分からないを分かるようにする
    • 英語の音声で英語字幕が効果的
    • 頻出単語と、興味がある単語を調べる

    英語の勉強になるマーベル映画・ドラマ10選

    英語勉強用でオススメのマーベル映画とドラマをご紹介します。
    翻訳本があり英語の勉強がしやすい作品と、マーベル映画初心者でも楽しめそうな作品を中心に選びました。

    ※映画内のネタバレ防止のため、できる限り予告編動画の範囲内でご紹介します。

    アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

    アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー | 予告編 | Disney+ (ディズニープラス)

    マーベルと言えば、アベンジャーズが有名です。

    アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーは、2部作でその前編です。
    予告編にもあるとおり、これまで別々の映画に出ていたヒーローが集結します。

    有名人の出演としては、ブラック・ウィドウ(ナターシャ・ロマノフ)の日本語吹替が米倉涼子さんです。

    こちらは、英語勉強用の翻訳本もありますので、勉強しやすいと思います。

    アベンジャーズ/エンドゲーム

    アベンジャーズ/エンドゲーム | 予告編 | Disney+ (ディズニープラス)

    最も有名なマーベル映画、アベンジャーズ/エンドゲームです。

    一時、世界興行収入No.1の映画となりました。
    その後、中国でアバターが再上映され、追い抜かれてしまい2位となりました。

    前作インフィニティ・ウォーのヒーロー達が集結し、戦います。
    なお、予告編などで公開されていない情報としては、あの有名な日本の俳優さんが…。

    こちらも同様に、英語勉強用の翻訳本があり、勉強しやすい映画です。

    関連記事:アベンジャーズ・エンドゲームの名言で英語の勉強

    ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

    ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー | 予告編 | Disney+ (ディズニープラス)

    2014年に公開され、世界的に大ヒットしたマーベル映画です。
    宇宙のお尋ねもの達が集結し、宇宙を救う戦いをします。

    おすすめの理由としては、ユーモアたっぷりでマーベル映画初心者でも楽しめます。
    アライグマ?ロケットの日本語吹き替えは、コメディアンの加藤浩次さんが担当しています。

    また、主人公が音楽好きという設定で、80年代前後の有名な洋楽がたっぷり流れます。
    そのため、気に入った洋楽があったら、そちらで英語学習しても良いと思います。

    ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

    ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス | 予告編 | Disney+ (ディズニープラス)

    上記、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの続編です。
    こちらも同様にユーモアたっぷりで英語の勉強ができると思います。

    子供や女性が好きそうな、ベビーグルートという小さくかわいいキャラが登場します。
    そのため、お子さんや女性向けの英語勉強用として良いかもしれません。
    なお、ベビーグルートのみの短編アニメの制作が予定されています。

    こちらも、同様に80年代前後の洋楽がたっぷり流れます。
    また、違う名曲がたっぷりと出てきますので、お好きな洋楽もチェックしてみてください。

    アントマン

    アントマン | 予告編 | Disney+ (ディズニープラス)

    個人的に最も期待してませんでしたが、面白かったマーベル映画です。
    スーツを着ると、蟻のように小さくなるヒーローが登場します。

    おもちゃの機関車のレールの上で戦ったりと、ユーモアもたっぷり。
    マーベル初心者でも楽しみながら、英語の勉強ができる作品だと思います。

    ドクター・ストレンジ

    ドクター・ストレンジ | 予告編 | Disney+ (ディズニープラス)

    マーベルとしては異色な、魔術系の映画です。

    元々、医者だった主人公が、魔術師のヒーローになって戦います。
    少し毛色が違いますが、ハリーポッターなど魔法や魔術系の映画が好きな方向けです。
    そのため、日常では使わないような英語表現も学べます。

    ストーリーも面白いですが、魔術を使う不思議な映像を見ていても面白いです。

    キャプテン・マーベル

    キャプテン・マーベル | 予告編 | Disney+ (ディズニープラス)

    記憶を失った主人公が、自分自身の謎を解いていくサスペンス映画です。
    ※サスペンス/Suspense=気がかり、不安、ハラハラする状態

    初の女性ヒーロー単体のマーベル映画です。
    後半あたりから猫?も活躍します 笑
    そのため、女性でも楽しめるかと思います。

    主人公の日本語吹き替えは、歌手・女優・声優の水樹奈々さんです。

    シャン・チー/テン・リングスの伝説

    「シャン・チー/テン・リングスの伝説」11/12デジタル配信開始

    マーベルらしさが加わった、カンフー映画です。
    初のアジア系主人公ヒーローが登場します。

    所々、中国語も出てきますので、英語学習用に紹介しようか迷いました…。

    しかし、主演のジム・リウはカナダ育ち。
    親友役のオーク・ワフィナは、生まれも育ちもアメリカです。

    そのため、英語学習用にも使え、カンフー映画好きには良いと思います。

    エージェント・オブ・シールド

    マーベル エージェント・オブ・シールド | 予告編 | Disney+ (ディズニープラス)

    アベンジャーズのスピンオプ(派生)作品です。
    シーズン7までテレビで放送され、マーベル・ドラマとして最大のヒット作です。

    はじめのアベンジャーズで登場したコールソンが、実は生きていたという設定です。
    マイティ・ソー、アベンジャーズ、キャプテン・マーベルにも出てくるキャラクターも活躍します。

    かなり話数が多いので、たっぷりと英語学習するのに良いかもしれません。

    ランナウェイズ

    マーベル ランナウェイズ /第1話|ディズニープラス

    初めに見たときは、6人の若者達による青春ドラマなのかと思いました。
    しかし、そんな話で終わるわけがなく、途中からマーベルらしさが出てきます。
    シーズン3まで出ているだけあって、人気のドラマでした。

    ちなみに主演のニコ役は、両親が日本人の日系アメリカ人、岡野りりかさんです。

    元々はHuluオリジナルのマーベルドラマでしたが、現在はDisney+で視聴できます。
    第一話のみ、YouTubeで無料で配信されています(上の動画)。
    続きはDIsney+でご覧ください。

    まとめ

    このように、マーベルの映画も、英語の勉強教材として活用できます。
    アベンジャーズ映画に関しては、専用の英語学習本も販売されています。

    ただし、ただ見ているだけでは英語の勉強として不十分です。
    字幕を変えてみたり、出てきた知らない単語を調べるなど、やり方を工夫してみてください。

    ご紹介しているとおり、ほとんどのマーベル映画・ドラマが月額で見放題なのはDisney+です。
    ソニー・ピクチャーズが権利を所有する、スパイダーマン・シリーズを観たい方は、他の動画配信サービスも活用してみてください。

    Disney+では、ほとんどのマーベル映画が月額約1,000円、又は年額約10,000円(税込)で見放題となります。
    また、日本語吹替・日本語字幕・英語字幕など、自由に設定ができるため、英語学習しやすいです。

    それぞれの動画配信サービスを、一度チェックしてみてください。