男性
今まですぐにペラペラになれるだとか、聞き流すだけで話せるようになれるだとかの甘い宣伝文句に誘われて、次から次に衝動買いして、英会話教材に大金をはたいて無駄にしてきたことか・・。
 
買ってしばらくは、勉強するけれど途中で投げ出して、結局全然身に付かずに終わってきました。
 
その私が、プライムイングリッシュだけは約3か月間毎日休まずにずっと続けられて勉強できているのです。 

現在、丁度半分のスキット12まで終えました。自分でもびっくりです。この調子だと、残り3カ月で予定通り終了できそうです。

 

今までの英会話教材は一つ一つの単語を発音するだけ…

私は以前から英会話の文章が、全然違う日本語の文章に置き換えられても通じる事に興味がありました。

かなり昔の話ですが、”What time is it now?”が「掘った芋いじるな!」で外人に通じたのをTVで見てびっくりしたのを覚えています。
 
ネイティブの通常の会話では、音声変化が当たり前のように行われているので、それに沿った学習方法が必要なはずです。

それなのに、今までの英会話教材は一つ一つ単語を出来るだけ忠実に発音して練習する学習法がほとんどだったような気がします。

なので、音声変化している会話を聞き取れるわけがありません。

しゃべるのが早いと感じるのも、それが一番の原因なのですが・・。

プライムイングリッシュの最大の利点

プライムイングリッシュの最大の利点は、「発音の音声変化」が学べることだと思います。

日本人が知っているカタカナを使い、最大限にネイティブの発音に似せてゆっくり練習できるので、自分もネイティブ発音で会話しているという気分にひたれます。
 
テキストもシェアハウスに住む、男女6人のドラマ仕立ての展開が面白く飽きさせません。
 
会話を通じて、こういう表現や返し方もあるということを、いろいろなパターンで学ぶことができます。

昔から使っている、ありきたりな古い表現ではありません。

現在使われている、最新の表現で学ぶことができます。
 
もう一つの利点としてサポート体制がよくて、どんな質問にも丁寧に素早く返答してくれます。

わからないまま先に進むことなく途中でやる気を失なうということもありません。

予定ですが、一通り教材を終了したら、今度はディクテーションをしながら、音声変化を更につかめるよう繰り返し勉強していく予定です。

プライムイングリッシュに巡り合ったことに感謝しています。
 
日本に10年間住んで英語を教え、日本語もペラペラなサマー先生が監修している教材なので信頼性もバッチリです。

教材を監修したサマー先生のプロフィール

超わかりやすいLとRの発音の仕方!《サマー先生の英語発音講座#6》

SUMMER RANE
サマー・レイン

アメリカ合衆国 ワシントン州 シアトル出身。

2012年に早稲田大学を卒業。
2016年、大学院研究生として東京大学に入学。
スタンフォード大学大学院博士課程。

2008年に来日後、学業の傍ら9年間英会話講師として活動。
2016年より英語教材や記事の執筆、監修活動を開始。電子書籍、英語教材『プライムイングリッシュ』、『好感度UPのシンプル英会話』、新書籍『12週間で「話せる」が実感できる魔法のなりきり英語音読』を執筆。

2014年「笑っていいとも!」の発音王コーナーに講師として全4回出演。2018年「世界一受けたい授業」で英語の授業を数回にわたり担当。

利用者の声も高評価!

男性K.Nさん 男性
リスニング、スピーキング共にネイティブに近づきました
男性T.Yさん 男性
テキストもシェアハウスに住む男女6人のドラマ仕立ての展開が面白く飽きさせません。
男性S.Iさん 男性
ナチュラルスピードの英語が聞き取れるようになってきた!
女性S.Hさん 女性
ゆっくりスピードの会話でじっくり聞き込むと、ナチュラルスピードに戻った時にしっかり聞き取れるようになっています。
男性Y.Eさん 男性
会話とまではまだまだいきませんが、口から自然と聞きたいことが出てきたのでビックリしました。
男性S.Fさん 男性
一週間かけて会話形式で色んなフレーズを覚える事が出来、フレーズを塊として覚える事で単語の意味も理解し易いです。
男性N.Mさん 男性
もう63歳になるので覚えが悪く苦労しておりますが毎日楽しくやってます。
男性Y.Eさん 男性
半年以上練習したお陰で、カジノや食事、買い物、ネイティブとのコミュニケーションを臆することなく出来るようになりました。
女性O.Yさん 女性
英文と音の乖離はわずか一週間でほとんどなくなりました。
女性M.Sさん 女性
英語が口から溢れ出すという体験を実感することができ、驚きです。
女性N.Aさん 女性
ゆっくりスピードの発音があるので無理なく繰り返し練習できる
女性H.Kさん 女性
英語への好奇心が強くなってきたことを実感しています。