アベンジャーズ・エンドゲームの名言を英語で知りたい!
アベンジャーズで、英語の勉強をしたい!

…そういった方のために、アベンジャーズ・エンドゲームの英語の名言をご紹介します。

「3000回愛してる」「何を犠牲にしても」「集結」や、指パッチンする時の英語フレーズを掲載しています。

※できる限り、マーベル公式の予告編や、その他動画の範囲内でご紹介しています。
一部ネタバレがありますので、知りたくない方はページを閉じてください。

アベンジャーズの名言をDisney+で聞く

アベンジャーズ・エンドゲームの名言で英語の勉強

今回は、アベンジャーズ・エンドゲームの名言を主に4つと+αご紹介します。
英語の勉強ができるように、そのフレーズをカタカナ読みと、日本語の意味付きでご紹介しています。

ただし、カタカナ読みは、できる限り英語の発音に近い表現にしているだけです。
Rの発音など、別途アメリカ英語の発音を勉強していただくと、より効果的です。

「3000回愛してる」

I Love You 3000! - Avengers Endgame

“I love you 3000.”
アイラビュー・スリィーサウザン
(3000回愛してる)

こちらは、アイアンマンこと、トニー・スタークの娘さんが、寝る直前に言うセリフです。

TwitterなどのSNS上で、アベンジャーズのファン達が頻繁につぶやいていました。
そのぐらい人気の名言といっても良いでしょう。

こちらは、としてもシンプルな表現なので、難しさはないかと思います。
しいてあげれば、こちらは基本5文型の第4文型(SVOO)となります。

S=Subject(主語)
V=Verb(動詞)
O=Object(目的語)

つまり、以下のようになります。

I love you 3000.
S  V      O      O

正確な日本語訳としては…

「私は、あなたを3000回愛してる」

…となります。

「何を犠牲にしても」

Marvel Studios' Avengers: Endgame - Official Trailer

“Whatever it takes.”
ワエヴァ・イ・テイクス
(何を犠牲にしても)

このセリフは、スティーブ・ロジャー(キャプテン・アメリカ)、トニー・スターク(アイアンマン)、クリント・バートン(ホークアイ)、ナターシャ・ロマノフ(ブラック・ウィドウ)が言っています。

予告編動画でもたくさん出てくるので、最も有名なセリフかもしれません。

こちらの予告編動画では、「命をかけて」と訳されていますが、別の予告編では「何を犠牲にしても」と訳されています。

それぞれの単語を分解すると、以下のような意味になります。

  • Whatever=何でも
  • it takes=要する、〜する、(時間などが)かかる

「何でも要する」ため、「何を犠牲にしても」や「命をかけて」という意味合いになると思われます。

「アベンジャーズ!集結!」

AVENGERS 4 ENDGAME Final Fight Trailer (NEW 2019) Marvel Superhero Movie HD

“Avengers! …Assemble!”
アベンジャーズ!…アッセンブル!
(アベンジャーズ!集結!)

アベンジャーズ・エンドゲーム史上、最も有名なシーンと言っても良いでしょう。

敵との戦いでキャプテン・アメリカはフラフラになり、ボロボロになります。
しかし、敵の軍は増え、ピンチを迎えます。

その時、キャプテン・アメリカの元に仲間からの通信が届きます。
そして、ドクター・ストレンジ達のワープによって、次々とヒーロー達が集まってきます。

その後、キャプテン・アメリカは言います。

“Avengers! …Assemble!”

この「アッセンブル」には、以下のような意味があります。

Assemble = 集める、集合、組み立てる

要は、アベンジャーズが集結した事を表すフレーズと言えます。

「私は絶対なのだ」⇒ 指パッチン

Avengers: Endgame (2019) - "And I.. Am... Iron Man" | Movie Clip HD

“I am inevitable”
アイアム・イ ネビルブル
(私は絶対なのだ)

サノスが落ちているガントレットをはめる。
「I am inevitable(私は絶対なのだ)」

↓  ↓  ↓

そして、指パッチンするが、石の力が発動しない。
ガントレットを見ると、インフィニティ・ストーンがついていない。
サノスがアイアンマンの方を見ると…

↓  ↓  ↓

インフィニティ・ストーンがアイアンマンの手に集まる。
「And I … am … ironman(そして…私は…アイアンマンだ)」

↓  ↓  ↓

そして、アイアンマンが指パッチン。
石の力が発動し、サノスを含む敵が消滅する。

この指パッチンのシーンで出てくる、”inevitable”という英単語は、あまり聞き馴染みがないかと思います。

こちらの英単語には、以下のような意味があります。

inevitable=避けられない、必然の、当然の

日本語吹き替え版では、”I am inevitable”=「私は絶対なのだ」と訳されています。
これだと、一見「inevitable=絶対」という意味に見えます。

しかし、本来の意味は上記のとおり、inevitable=「避けられない」「必然」「当然」です。
つまり、本来の訳は…

I am inevitable.
「私は避けられないのだ」
「私は必然なのだ」
「私は当然なのだ」

…のようになりますが、ちょっと日本語的に不自然かもしれません。
そのため、「私は絶対なのだ」になったのかもしれません。

また、日本語吹き替えする際、サノスの口パクに合う日本語訳として、この表現になったと思われます。
ちょっと納得いかない方もいそうですが…。

サノスのセリフをDisney+で聞く

アベンジャーズ・エンドゲームの英語学習本2冊

実は、アベンジャーズ・エンドゲームには、専用の英語学習本があります。

上下巻の2冊になっており、基本的に全セリフが日本語と英語で掲載されています。
また、本の最後に、作中に出てくる100個程度のフレーズが解説されています。

そのため、どのように英会話に活かせばいいのか、学習できますので、検討してみてください。

こちらの本は音声が付いていませんので、映画を見ながら勉強する事になります。
なお、オススメの動画配信サービスは、Disney+(ディズニープラス)です。

アベンジャーズ/エンドゲーム | 予告編 | Disney+ (ディズニープラス)

通常の動画配信サービスは、日本語字幕か、日本語吹き替えのみです。
一方、ディズニープラスは、日本語・英語字幕、日本語吹き替え、英語音声など、自由に設定できます。

関連記事:マーベル映画で英語の勉強をする方法+オススメ10選

その分、英語の勉強がしやすく、じっくり取り組めるでしょう。
上記の本と併用しながら、勉強してみてください。

アベンジャーズをDisney+で見る

まとめ

今回は、アベンジャーズ・エンドゲームより、「3000回愛してる」、「何を犠牲にしても」、「集結」、指パッチンのシーンなど、4つの名言をご紹介しました。

それぞれ、名言で英語の勉強ができるよう配慮しました。
できる限りネタバレにならないよう、予告編動画やブルーレイ・DVDのPR動画の範囲内でご紹介しています。

より詳しくアベンジャーズ・エンドゲームで英語の勉強をしたい方は、専用の書籍が販売されています。

また、アベンジャーズが見れる、オススメの動画配信サービスはDisney+です。
こちらは、日本語・英語の字幕、日本語吹き替え、英語音声を自由に設定できるため、英語学習に最適です。

ぜひそういったものを活用して、英語学習をしてみてください。

アベンジャーズをDisney+で見る