キャンセル

あなたがBerlitz(ベルリッツ)で語学学習を始めてから、何かしらの理由で途中で止めたくなったことはありますか?

そんな時に必要となる解約・退会の手続きや返金方法について、詳しく解説します。

Berlitzは多種多様な言語学習が可能な語学学校であり、英語、フランス語、スペイン語など、豊富な言語の中から選ぶことができます。

しかし、ライフスタイルの変化や学習目標の変更など、さまざまな理由で解約・退会する必要が生じる場合があります。

そのような場合、どのように解約・退会の手続きを行い、またどの程度の金額が返金されるのでしょうか?

この記事では、その手続きの流れと返金についての詳細をご紹介します。

Berlitzの解約・退会は意外と簡単に行うことが可能で、その手続きはいつでも受け付けてもらえます。

解約の手続きは、ランゲージセンターの窓口や電話、またはオンラインの受講生専用ポータルサイトから行うことができます。

これから解説する詳細な手続きと注意点を知って、スムーズに解約・退会の手続きを進めましょう。

※この解約・退会の方法は、当記事更新時点のものです。最新情報は必ず公式サイトもご確認ください。

Berlitzについて詳しく見る

Berlitzの解約・退会の方法

ベルリッツ 受講生の声(日本人女性・Keikoさん 学習言語:英語)

Berlitzでの語学学習を終える際には、適切な解約・退会手続きが必要です。この記事では、その手続きを簡潔に説明します。

まず、Berlitzの契約は、月額制や一括払いなど、様々な形態があります。

それぞれの契約形態には、解約・退会に関する特定の規定があります。これを理解することは、手続きをスムーズに進める上で重要です。

解約・退会を考えている場合、最初に行うべきは、契約書や利用規約の確認です。これらの文書には、解約・退会方法や必要な手続きが詳細に記述されています。

次に、Berlitzのスタッフに直接連絡することを推奨します。解約・退会の意思を伝え、必要な手続きについて確認しましょう。

スタッフは、契約の詳細を理解した上で、最適なアドバイスを提供します。

最後に、確認事項や手続きが全て完了したら、正式に解約・退会申請を行います。これは通常、書面にて行うことが一般的です。

解約・退会が完了すると、Berlitzから確認の通知が送られてきます。これらの手順を踏むことで、Berlitzの解約・退会は円滑に進みます。

重要なのは、自身の契約内容を理解し、適切な手続きを行うことです。

違約金

Berlitzの語学コースを解約する際、違約金が発生する可能性があることを理解しておくことが重要です。

この記事では、Berlitzの解約時の違約金について詳しく説明します。

違約金は、契約期間中にサービスを解約する場合に適用されることが多いです。

その具体的な額は、契約内容や解約時期により異なるため、契約書を確認することが重要です。

また、Berlitzのスタッフに直接連絡し、違約金についての具体的な詳細を尋ねることも有効です。

スタッフは、適切なアドバイスとサポートを提供できます。

解約手続きを始める前に、違約金が発生する可能性を十分に理解し、適切な手続きを行うことが重要です。

これにより、予期しないコストを回避できます。

最後に、解約時の違約金についての具体的な情報は、Berlitzの公式ウェブサイトやサポートセンターで確認できます。

適切な情報を得て、最善の決定を下しましょう。

返金条件

Berlitzでの語学学習を解約する際、返金が適用されるかどうかは一般的な疑問です。

この記事では、Berlitzの解約時の返金について解説します。まず重要なのは、自身の契約内容を把握することです。

契約形態や解約時期により、返金条件は大きく異なる場合があります。

返金が可能かどうかを確認する最良の方法は、Berlitzのサポートセンターまたは所属する学習センターに問い合わせることです。

スタッフは、契約条件や返金に関する具体的な詳細を提供できます。

さらに、Berlitzの利用規約や契約書には、返金に関する重要な情報が記載されています。

これらの文書を注意深く読み、自身の状況に最適な選択を行うことが重要です。

解約による返金については、未受講のレッスン代の20%が原則となっています。ただし、上限は50,000円とされています。

例えば、オンラインのマンツーマンレッスンが40レッスンで237,600円だとすると、20%の返金額は47,520円となります。

Berlitzの料金については、公式サイトからご確認ください。また、主要な各コースの料金は、当サイトの別の記事から確認する事もできます。

返金される金額は、元の受講料に比べて少なくなる可能性があるため、どのプランが最適かをカウンセラーとよく相談してから申し込むことをお勧めします。

以上が、Berlitzの解約・退会時に必要な書類についての基本的な情報です。詳細は各センターに直接お問い合わせください。

期間

Berlitzの解約は、基本的にはいつでも可能です​。

解約手続き自体はシンプルで、いつでも受け付けられますが、注意が必要なのは「未消化のレッスン」についてです。

未消化のレッスンがある場合、その有効期間内に解約手続きを済ませないと失効してしまう可能性があります。これは返金にも影響しますので、十分注意が必要です​。

解約すると、未受講のレッスン代から手数料が引かれた金額が返金されます。

この手数料は未受講のレッスン代の20%と設定されています(ただし、5万円を超える場合は5万円まで)。

この点は、申し込み時にも明確にアナウンスがありますので、解約・退会を検討する際は、十分に考慮してください。

返金されるとはいえ、手数料はそれなりの金額になるため、申し込み時には実際に受講可能なレッスン数をしっかりと考えて申し込むことをおすすめします​。

Berlitzの担当者からは期日前にアナウンスがあるので、確認を怠らないようにしましょう​。

注意点

Berlitzの語学コースを解約・退会する際、注意すべき点がいくつかあります。

まず、Berlitzの契約形態により、解約・退会の手続きが異なります。自身の契約形態を把握し、それに応じた手続きを行うことが重要です。

また、違約金の存在も覚えておく必要があります。契約期間内に解約する場合、違約金が適用されることがあります。

その具体的な額は契約により異なるので、契約書を確認してください。解約・退会の意向を伝えるためには、直接Berlitzのスタッフに連絡することが最善です。

スタッフは、必要な手続きについての詳細とアドバイスを提供します。

さらに、解約申請後の返金についても十分に理解しておくことが重要です。

返金条件は契約内容により異なるため、詳細はBerlitzのサポートセンターに問い合わせてください。

最後に、解約・退会の手続きは通常、書面で行われます。手続きが完了したことを確認するためには、Berlitzからの通知を待つことが必要です。

手順

Berlitzからの解約・退会の手順を解説します。

最初に行った方が良いのは、自身の契約書や利用規約の確認です。これらの文書には、解約・退会の方法や必要な手続きが詳細に記載されています。

次に、Berlitzのスタッフに直接連絡し、解約・退会の意思を伝えましょう。

そして、解約・退会の手続きについての詳細を尋ねてください。解約・退会申請を正式に行うためには、通常、書面にて行うことが一般的です。

具体的な申請方法は、Berlitzのスタッフから指示を受けます。

申請後は、Berlitzからの確認通知を待つことになります。この通知は、解約・退会の手続きが完了したことを意味します。

以上の手順を踏むことで、Berlitzの解約・退会はスムーズに進行します。最も重要なのは、手続きに必要な情報を十分に理解し、適切な行動をとることです。

Berlitzについて詳しく見る

Berlitzの解約・退会まとめ

本記事では、Berlitzの解約・退会手続きと返金方法について詳しく解説しました。

語学学習を始めたものの、何らかの理由で中断することになった際、Berlitzはあなたの都合に合わせて解約・退会の手続きを受け付けます。

解約手続きは、ランゲージセンターの窓口、電話、または受講生専用ポータルサイトから行うことができます。

退会を決定したら、すぐに手続きを始めることをお勧めします。未消化のレッスンがある場合は、その有効期間内に解約手続きを済ませなければなりません。

返金に関しては、基本的には未受講のレッスン代の20%(上限50,000円)が返金されます。

しかし、返金額は手数料等でかなり少なくなる可能性があるため、解約・退会を検討する前に、適切なレッスン数を選び、慎重に計画を立てることが重要です。

Berlitzでの学習経験は、あなたの語学能力向上に役立つことでしょう。

しかし、何らかの理由で解約・退会をする場合は、この記事で解説した手続きと注意点を理解しておいてください。

Berlitzについて詳しく見る