Beritz(ベルリッツ)では、教育訓練給付金制度の対象講座として、ビジネス英会話の2コースが認定されています。
一つはプライベートレッスン(マンツーマン)、もう一つは少人数制レッスンです。

教育訓練給付金制度とは、厚生労働大臣が認定した講座の受講料が最大20%(最大10万円)戻ってくる制度です。
雇用の安定と促進のために作られた制度です。

それでは、具体的にどのようなカリキュラムで、費用や期間はどのくらいかかるのか?
また、受講生の声や満足度はどうなのか?

そこで、ベルリッツの教育訓練給付金対象コースについて詳しく掲載しました。

Berlitzについて詳しく見る

ベルリッツ 教育訓練給付金制度対象のビジネス英会話コース

ここでは、ベルリッツ 教育訓練給付金制度対象のビジネス英会話コースについて解説していきます。

ベルリッツの特徴や、給付金コースの概要。
受講生の満足度や声、費用についてまとめました。

ベルリッツの特徴

Beritz(ベルリッツ)は、140年歴史があり、世界70ヵ国に校舎がある英会話スクールです。

岐路編【ビジネス英会話のベルリッツ WEB CM】

主にビジネス英会話をメインに教えています。
その他、日常会話・旅行・TOEIC対策や、子どもや学生向けのコースもあります。
レッスンは、ベルリッツが培った独自のベルリッツ・メソッドで進めていきます。

すでにご紹介しているとおり、ベルリッツでは複数のコースがあります。

教育訓練給付金制度の講座としては、2つのビジネス英会話コースのみが対象となっています。
こちらは、プライベートレッスンと、少人数レッスンの2つコースを選択する事ができます。

どちらも独自のベルリッツ・レベルで語学力を判断し、学習プランが作成されます。
関連記事:ベルリッツ・レベルとTOEICの換算表

Berlitzについて詳しく見る

プライベートレッスンと少人数制の概要

ベルリッツの教育訓練給付金対象は「ビジネス英会話コース」です。
こちらは、プライベートレッスン(マンツーマン)と少人数制レッスンの2つを選択できます。

まずはコースの概要をご紹介します。

ビジネス英会話コースでは、あなたが普段している仕事内容に合わせて、学習プランを作成してくれます。
具体的な内容としては、電話対応・Eメール・会議・プレゼン・交渉・営業や商談・契約や事務手続きなどです。

業種としては、IT・医療・建設・サービス・商社・小売りなど。
職種は、接客・営業・マーケティング・ジム・経理・会計などに対応しています。

そのため、すぐに仕事に直結した英語を身に着ける事ができます。

また、受講にあたっての英語レベルはTOEIC350〜450点程度です。
英検に換算すると5〜3級程度で、中学卒業レベルとなります。

修了は、出席率80%以上となっています。
条件を満たさないと修了せず、給付金が支給されない可能性がありますので、ご注意ください。

その他、ビジネス英会話コースが提供されている、給付金対象の類似スクールもあります。

ベルリッツのビジネス英会話コースについては、公式サイトもご確認ください。

Berlitz公式サイトを詳しく見る

費用と受講期間

以下、厚生労働省の「教育訓練給付制度 検索システム」に掲載されている、費用と受講期間をご紹介します。

コース 受講期間 訓練時間 入会金 受講料 合計費用 給付金適用
プライベート 10ヶ月 54時間 33,000円 730,400円 763,400円 663,400円
少人数制 12ヶ月 64時間 33,000円 445,060円 478,060円 378,060円

※全て税込価格です。
※当記事更新時点での料金です。最新情報は公式サイトもご確認ください。

給付金対象のビジネス英会話コースは、プライベートレッスンと少人数制で、期間と料金が違います。

プライベートは10ヶ月で54時間、少人数制は12ヶ月で64時間です。
プライベートの方が少人数制より、1.596倍高い料金になっています。

教育訓練給付金制度の場合、総受講費20%の最大10万円が支給されます。
そのため、合計金額より実質10万円安く受講する事ができます。

今後、これらの費用は変更される可能性もあります。
最新の費用は、公式サイトで確認するか、お問い合わせください。

Berlitzについて詳しく見る

受講修了者数と資格取得者数

ベルリッツ給付金対象コースの受講修了者数と、資格取得者数をご紹介します。
こちらは、厚生労働省の「教育訓練給付制度 検索システム」から調べる事ができます。

資格取得は、希望者のみTOEIC L&Rテストを受験します。

プライベートレッスンは多い年で283人、少ない年で117人の修了者がいました。
一方、少人数制は多い年で135人、少ない年で51人の修了者となっています。

その修了生の中でTOEIC L&Rテストの受験した方が、それぞれ約半数です。
その中で、ベルリッツ指定のTOEIC645~694点に合格した方が、2分の1〜3分の1程度います。

▼プライベートレッスン

ベルリッツの給付金対象プライベートレッスンの受講生数

▼セミプライベートレッスン(少人数制)

ベルリッツの給付金対象少人数制レッスンの満足度

出所:教育訓練給付制度 検索システム – 厚生労働省

修了者数を見ると、少人数制よりプライベートレッスンの方が修了生が多く、人気があると言えます。
ただし、資格の合格率は、プライベートが21.6〜47.0%、少人数制が30.8〜52.9%です。

意外にも、少人数制の方が資格の合格率が高いです。
そのため、資格取得したいかも含めて検討する必要があります。

関連記事:ベルリッツのGBC対策5選 受験形式や質問など

Berlitzについて詳しく見る

受講生の満足度

それでは、ベルリッツの給付金対象ビジネス英会話コースの満足度はどうなのか?
同様に、厚生労働省の「教育訓練給付制度 検索システム」からご紹介します。

こちらは、5段階でベルリッツの給付金対象コースの受講生が評価しています。
できるだけデータ量の多い、各コースで最も受講者が多い年でご紹介します。

まずは、プライベートレッスンですが、大変満足が79人、おおむね満足が171人。
どちらとも言えないが16人、やや不満と大いに不満がそれぞれ2人ずつでした。

少人数制は大変満足が28人、おおむね満足が75人。
どちらとも言えないが5人、やや不満と大いに不満については0人でした。

▼プライベートレッスン

ベルリッツの給付金対象プライベートレッスンの満足度

▼セミプライベートレッスン(少人数制)

ベルリッツの給付金対象少人数制レッスンの満足度

出所:教育訓練給付制度 検索システム – 厚生労働省

それぞれ、「おおむね満足」と回答した方が最も多い傾向がありました。
不満に感じた方も各コース、各年度1、2人と少ない傾向があります。

ベルリッツのビジネス英会話コースは、比較的評価が高いと言えそうです。

Berlitz受講生の声を見る

受講生の声と成果

実際にベルリッツを受講した方のインタビュー映像があります。
入会したキッカケ、実際のレッスン成果などがありますので、いくつかご紹介します。

レッスン成果の映像については、受講生の英会話力を確認する事ができます。

ベルリッツ 受講生の声(日本人女性・Keikoさん 学習言語:英語)

日本人女性

とても大変でしたが、3ヶ月で英会話に自信が持てるようになった。
外部の企業からオファーがあり、キャリアアップする事ができた。

Lv.2修了_2(SHORTバージョン)

電気メーカー業界 エンジニア レベル2⇒3

周りの同僚やサプライヤー(生産者やメーカーなど)さんが英語を話していた。
そのため、英語が話せないと仕事ができないだけでなく、人間関係が構築できないと思い、ベルリッツに入会した。

Lv.2修了(SHORTバージョン)

日本人女性 レベル2⇒2修了

働いている企業のグローバルチームに移動になり、英語でのコミュニケーションが必要になった。
そのため、仕事で英語を使えるようになるため、ベルリッツに通うようになった。

Lv.3修了(SHORTバージョン)

医療業界 レベル2⇒3修了

オーストラリア人の同僚が赴任してくる事がわかってから、英語を学ぼうと思った。
海外からドクターを呼ぶ事が多いので、ベルリッツで学ぶ事で英語での挨拶や会話ができるようになった。

Lv.6修了(SHORTバージョン)

IT業界 マーケティング職 レベル6⇒7

海外出張するチャンスが何回かあり、それがきっかけで英語力のなさを感じていた。英語だけでマネジメントを進めるプロジェクトがあたっため、英語をしっかり学ぶ必要があり、ベルリッツに通いはじめた。

このように、ベルリッツで英語を学ぶ事で、ある一定の英語力を伸ばせた方が多いです。

Berlitz受講生の声を見る

ベルリッツの教育訓練給付金制度まとめ

このように、ベルリッツのビジネス英会話の2コースのみ、教育訓練給付金制度の対象講座となっています。

給付金対象のビジネス英会話コースは、プライベートレッスンと少人数を選択できます。
それぞれ料金や期間が違い、満足度や資格合格率も違います。

あなたの今の職業に合わせた形で、学習プランを作成してくれます。
そのため、すぐに仕事で使える英語を習得できます。

まずは無料体験する事ができますので、ベルリッツ公式サイトをご確認ください。

ベルリッツご来校(インタビュー&体験レッスン)の流れ

Berlitzについて詳しく見る