トライズではどんな教材やテキスト・参考書を使うのか?シャドーイングもできるのか?

この記事では、トライズの各コースの公式ページや、元トライズのコンサルタントのブログなどから、実際に使う教材やテキスト・参考書についてまとめました。

また、トライズ運営元であるトライオン株式会社の三木雄信社長も英語学習に関する本・書籍を書かれていますので、そちらもご紹介しています。

まずはトライズ公式ページで教材・テキスト・参考書を確認したい方は、以下からアクセスしてください。

トライズの教材・テキスト・参考書は市販?オリジナル?

トライズでは実際にどんな教材・テキスト・参考書を使うのか?

市販の教材を使うのか?それともトライズが独自に開発したオリジナル教材を使うのか?

トライズ公式サイトにある「よくある質問」によると「受講生ひとりひとりに合った市販教材をチョイス」とありました。

トライズのよくある質問 教材について

出典:TORAIZ

つまり、決まった教材が用意されているわけではなく、その人ひとりひとりのレベルをチェックして、その人に応じた市販教材が用意されます。

トライズで実際に使われていた教材・テキスト・参考書

元トライズのコンサルタントによるブログ「元TORAIZ(トライズ)コンサルタントの英語コーチングBLOG」や、大手の英語学習メディア

によると、実際にトライズでは以下のような教材・テキスト・参考書を薦めていたそうです。

これらは、トライズのセンターに常備されている事もあり、今後も使う可能性がありそうです。

キクタンBasic4000語レベル

こちらのキクタンは、英語業界でも評価の高い英単語帳です。

販売元は英語教材・書籍で有名なアルクが提供していますので、信頼性も高いと言えるでしょう。

とにかく基礎的な英単語4000語を覚えるのに良い本と言えます。

Amazon Audible版も詳しく見る

たったの72パターンでこんなに話せる英会話

決定版 英語シャドーイング(超入門)

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

こちらは、話したい事を英文にして話すトレーニングをする「瞬間英作文」のテキストです。

Amazonレビューの件数も550件以上で、星5とかなり高評価です。

英会話講師でもオススメしている方も多く、こちらも同様に信頼性の高いものになっています。

スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング

英語で話す力。141のサンプル・スピーチで鍛える!

即戦力がつくビジネス英会話

トライズ三木雄信社長の英語本・書籍

以下、トライズ運営元トライオン株式会社の三木雄信社長が書いた本・書籍をまとめました。

ここでは主に英語関連書籍の中でも、特に評判が良いもの(レビューの数が多くて評価が高い)を掲載しています。

実際のトライズでも使われているといった情報は今の所ありませんが、英会話教室の代表による本なので、参考になるかと思います。

海外経験ゼロでも仕事が忙しくても「英語は1年」でマスターできる

トライズの三木雄信社長が、ソフトバンクの社長室長だった時の経験を元に書いている本です。

トライズのカリキュラムのとおり、1年で英語を習得するためのメソッドが書かれています。



人生最後の英語鬼速やり直し

上の著書と重複した部分もありますが、三木雄信社長による短期間で英語を習得するための「ROIメソッド」が紹介されています。

とにかく1年など短期間で英語を習得したい方向けの本になっています。

英語学習以外の本・書籍

トライズの三木雄信社長は、英語学習以外にもビジネスや仕事術の本・書籍も多数書かれています。

当記事の趣旨とは違うため、細かくご紹介はしていませんが、興味がある方もいらっしゃるでしょう。

その他の本については、以下のリンク先からご覧ください。

 トライズ三木雄信社長の著書はコチラ

トライズの教材・テキスト・参考書まとめ

トライズの教材・テキスト・参考書は独自のオリジナルではなく、受講生の目標やレベルに応じた市販教材が提供されています。

元トライズのコンサルタントのブログによると、実際に薦められていた教材としては、「キクタンBasic4000語レベル」と「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」だったそうです。

また、トライズ代表取締役の三木雄信社長も英語本や書籍を複数出版しており、短期間で英語を習得するためのメソッドが紹介されています。

トライズでは、その他にも教材・テキスト・参考書・本が使用される可能性がありますので、最新情報は各コースの公式ページからご確認ください。